氏名 高橋 邦明

防衛大学校卒業後、陸上自衛隊にて勤務。陸上自衛隊における後方分野の業務改革やシステム導入などを手掛ける。
その後、電子政府の指針である「業務・システム最適化指針」の策定などに関わるとともに、総務省行政管理局課長補佐等として、中央省庁において共通的に利用される情報システムの開発等にも関わる。また、「政府情報システムの整備及び管理に関する標準ガイドライン」(現在の「デジタル・ガバメント推進標準ガイドライン」)の企画・執筆も行った。
その後、政府CIO補佐官(経産省)として勤務などを経ている。
上記のほか、政府におけるデジタル人材育成のための講師もしている。


防衛大学校 理工学研究科 修士(電子工学)
拓殖大学 国際協力学部 修士(安全保障)